大型2輪教習 第2段階 その3

大型2輪教習も大詰め、あとは検定に向けて精度を上げていくだけ。今日は一通りこなした後、一本橋を重点的に練習した。ほかの部分はほぼ大丈夫ということだったのだが、やはり一本橋が不安だ。

前回の反省から重心を前に移し半クラッチをつかってやるようにし、教官の指摘どおりヒザを締めて、繰り返し練習することでなんとかなりそうになった。

10秒を超えれるのはまだ半々だが、だいぶバランスが安定してきたので、あと2回の実習でなんとかものにしたい。

  • 重心は前にするが、視線は先を見る
  • ヒザを締める
  • リアブレーキを引きずるようにする
  • もう少し早い段階でブレーキをかける
  • ハンドルを小刻みに左右に揺らすほうがよい

リアブレーキは中のスラローム、一本橋、クランクなどいろんなところで応用できるので使えるようになりたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください