ハンドルバー交換

少し前に購入したまま、全然作業をしていなかったハンドルバーの交換作業をした。
ハンドルバーはPOSHの「ステンレスツーリングバー」にしたのだが、バー1本分上・手前に移動するだけだが、元々ほんの少しだけ近くなれば楽になるかなという感じだったのでちょうどいいと思い選択した。また、ケーブル類をそのまま使用できるのとスイッチボックス用の穴も最初から開いており、自分でも作業できそうな気がした。

実際作業も特に問題もなくスムーズに行うことができた。ハンドルバーに取付位置のマーキングがないのが少し不安だったが、後で乗ってみても特に変ではなかったので、大丈夫なのだろう。
ついでにグリップもarieteの「ビンテージグリップ」に交換。グリップを取るのに苦労したが、これでビンテージ感が上がったのだろう。多分。




作業後少し洗車をしてから新しいハンドルの確認のために少し走ってみた。
乗ってみると物凄い違和感。バー1本分だけの移動なのでそんなに変わらないだろうと思っていたのだが、かなり感覚が変わった。
とはいえ、確かに近くなっているので高速などの長距離巡航は楽になりそうだった。少し走れば慣れて違和感も消えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください