北海道ツーリング その2

エサヌカ線のW800

2015年8月9日(日)

朝5時ごろ目が覚める。心配していた腰の悪化もなく快適な目覚め。しかし天候は快適とは言い難い。空一面に雲が広がり不安な中、テントを撤収し2日目をスタートさせることにしました。
寝転んだままW800
昨日に引き続きオロロンラインをひたすら北に向かいます。天気がよくないせいか、少し寒いくらいです。
途中通りがかった「みさき台公園」の看板を見て気付きました。昨日はもともとここに泊まる予定だったことに。まあ、仕方ない。
曇り空にW800
途中から海沿いの道に入り、さらに進みます。どんよりとした雲と荒々しい北の海はなにやら寂しい気持ちにさせられます。
しばらくすると風車が立ち並ぶことで有名なオトンルイ風力発電所に着きました。
オトンルイなW800
有名なだけあって、ところどころでバイクやロードバイクを停めて写真を撮っているのを見かけました。自分も右に倣えなんですが。
ひたすらまっすぐ

その後サロベツ原野に突入し、ひたすらまっすぐな道が続きます。
だんだん飽きてきたので、少し内陸部に展望台があるそうなのでそちらへ寄ってみることにしました。
宮の台展望台
展望台からの景色
だだっぴろいサロベツ原野を一望できますが、曇っているのが返す返すも残念です。
展望した後は再び海沿いの道に戻ることにしました。
海沿いへ
このまま海沿いを北に向かい、案内板にしたがって行きますと、なかなかの強風が吹き荒れるノシャップ岬へとたどり着きました。
ノシャップ岬に到着
ノシャップ岬からみた北の海
風にあおられながらしばし北の荒海を眺めたあとは、近くにある樺太食堂へ向かいます。少し早いですが、お昼ご飯にします。ここの名物は無敵のうに丼といわれる「うにだけうに丼」。ライダーがそれを注文すると記念にステッカーがもらえるそうです。
うにだけうに丼
DSC_6938
これでもかというぐらいうにが入っています。北海道に来たかいがあったというもの。とはいえ値段もそれなりで4800円くらいしました。おそらく昼飯史上最高額でしょう。
おなかも膨れたので稚内市街の方へと向かいます。
稚内の駅から少し先にある北防波堤ドームです。北海道遺産だそうですが、野宿スポットとして有名なようです。が、時間の関係からかこのときは誰もいませんでした。
北防波堤ドーム
北防波堤ドームの中
北防波堤ドームでW800
国道238号に戻りさらに北上しますと、それ以上北上できない日本最北端、宗谷岬に到着しました。
ついに日本の北の端へと到達しました。
車でもバイクでも誰でも行けるのですが、無駄に達成感があります。
宗谷岬
日本の最北端
間宮林蔵さん
最北端の土産物屋
しばらく感慨にふけっていましたが、土産物屋で最北端Tシャツを買って先へ向かうことにしました。
ここからはそのまま海沿いを走るのではなく、宗谷丘陵の方に周ります。
宗谷丘陵にW800
ここは行っとかないと損と何かで見たのですが、そのとおりの気持ちよい道でした。さっきまで海だったのにいきなり高原のような景色が出てくるのに驚きます。
宗谷丘陵
宗谷丘陵
宗谷丘陵
しばらく気持ちよい道を走ると再び海沿いの道にでましたので、そのまま南へと向かいます。
猿払の道の駅を過ぎてしばらく走り、エサヌカ線へと入りました。
エサヌカ線にW800
エサヌカ線
両サイドに草原が広がる中、ひたすら直線が続きます。そろそろ北海道が本気を出してきたようです。
エサヌカ線にW800
いかにも北海道らしい直線道を気持ちよく走った後、近くにあるクッチャロ湖に寄ってみることにしました。
クッチャロ湖にW800
屈斜路湖と名前がややこしいですが、湖畔には気持ちよさそうなキャンプ場がありました。
クッチャロ湖
湖畔のキャンプ場
ここもよさそうなのですが、まだ時間も早くもう少し先まで行っておきたいのでスルーすることにしてさらに南へと向かうことにしました。
神威岬
神威岬
海沿いを走り続けるとウスタイベ千畳岩に到着しました。
ウスタイベ千畳岩
ウスタイベ千畳岩
ここにはキャンプ場があるのですが、事前調査によると海を望むことができる広い芝生のキャンプ場とのこと。風が心配だったのですが、行ってみるとほとんど風も無く問題なさそうだったのでここでキャンプすることにしました。
ウスタイベ千畳岩キャンプ場
このロケーションでしかも無料。炊事棟やトイレも綺麗でしっかりしており、なんとゴミ捨て場まであります。有料でもゴミ持ち帰りのところもあるというのに。素晴らしいキャンプ場です。さすが北海道。

テント設営後お風呂と買出しに行き、戻ってくるとそれぞれソロライダーらしい3人のテントが増えていて食事をしていたので、混ぜてもらうことにしました。4人で飲み食いしながら話をしましたが、うち2名の方は北海道暦20年、30年という大ベテランで、いろいろ面白い話を聞かせてもらいました。しかし、一番驚いたのは全員関西人で全員カワサキ車だったということです。北海道に来てからというもの全国各地のナンバーを見かけていたというのに。
その後も北海道の事やバイク、キャンプ道具のことなど遅くまで語り合い、非常に楽しい夜になりました。

今回のルート

走行距離:360km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください