北海道ツーリング その8

羊蹄山にW800

2015年8月15日(土)

目覚めてもカラスの鳴き声が聞こえないと思っていたら、しばらくするとやはり聞こえてくるようになりました。どうやらカラスが来るよりも先に起きていたようです。勝利に酔いしれながら朝食を食べ、そろそろ撤収に入ろうかと気合を入れた矢先雨が降り出しました。なんということか。
北広島自然の森キャンプ場
しかたがないのでテントの中で雨が止むまで時間を潰すことになりました。おかげで出発が遅れましたがそれでも7時には出発できたのでまだましか。
まずは国道36号に出て苫小牧を目指します。近くに千歳空港があるせいでしょうか、意外と車が多いです。天気はあいかわらず微妙でいつ降り出してもおかしくない雰囲気の中苫小牧に到着しました。さっそく2度目の朝食を頂くことにしました。
みなと市場
ふじ十食堂
ホッキ丼
市場ですので朝から人が多いです。ホッキ丼を平らげて先へ進むことにしました。
国道36号を西へ進み、しばらく走ると登別温泉が見えてきました。今回のテーマのひとつは腰痛の温泉治療ですのでスルーするわけにはいきません。適当に目に付いた日帰り温泉の看板へ寄ることにしました。
第一滝本館
なんか老舗っぽいかなり立派なホテルで日帰り入浴が2000円もしました。プールにも繋がっている異常に広い風呂でしたので宿泊して1日ゆっくりするのにはいいと思うのですが、ちょっと立ち寄りたいだけの自分には高すぎました。ちゃんと調べとけばよかった。
それでも気持ちよく温まって外に出てきたら大雨が。カッパを着て出発です。風呂上りなのに。
途中、かなりの豪雨になった区間もありましたが、なんとか室蘭に到着です。看板にしたがって地球岬へ向かうことにしました。
地球岬
ちょうど駐車場についたころに雨は止みましたが、天気はよくありません。謎の歌が流れる地球岬でしばらく景色を眺めることにしました。
地球岬
室蘭の市街地
地球岬
確かに前方には水平線が広がっていてパノラマ感が凄いです。なんと新日本観光地の投票で1位になったそうです。かなり景勝してから先へ向かうことにしました。
次の目的地は洞爺湖です。
国道37号を適当なところで曲がって有珠山の脇を過ぎ、しばらく走ると洞爺湖に到着しました。まずは湖畔を少し見て周ったあと展望台の方へも行って見ることにしました。
洞爺湖
洞爺湖湖畔
洞爺湖の丸いやつ
洞爺湖サイロ展望台
洞爺湖
湖畔に点在する公園はテントを張ってもいいようなのですが、既にかなりのテントがありました。夏の期間中は毎晩湖に花火が上がるそうなので、またここでもキャンプしてみたいです。
洞爺湖からは国道230を北に向かい、羊蹄山の方へ向かいます。まあ、雲で羊蹄山は見えませんが。途中道の駅での休憩などをはさみ、走り続けると羊蹄山の麓に近づいてきました。ふと見ると、細川たかしの名前が見えたのでよってみることにしました。
細川たかしの像
熱唱と書いてありますが、像の横にスイッチがあり押すと歌が流れるようになっています。やはりここは北酒場を聞いてから先に進むことにしました。
チラッと見える羊蹄山
たかしのおかげでしょう、徐々にですが天気が回復してきた気がします。雲がかかって全然見えなかった羊蹄山も少しずつ見えるようになってきました。
羊蹄山とW800
しばらく気持ちよい道が続きますが、その先に羊蹄山の水が湧き出している、ふきだし公園がありました。公園のすぐ隣に今日のキャンプ地である京極スリーユーパークキャンプ場がありましたので先に設営を済ませることにしました。
京極スリーユーキャンプ場
京極スリーユーキャンプ場
かなり気持ちよいキャンプ場です。その分ファミキャンも多いですが、まだまだ余裕がありそうです。テントを設営した後、近くの道の駅「名水の郷きょうごく名水プラザ」へ行ってみることにしました。
この道の駅ですが、裏からふきだし公園へと繋がっており、少し歩くとそちらへ行くことができます。
ふきだし公園
ふきだし公園
湧き出る水
京極の名水
ふきだし公園
水の流れる音が心地よく、涼しくて気持ちいい場所です。しかも湧き出る水は自由に汲むことができます。プラティパスを持参していたのでそれに詰めていくことにしました。そういえば北海道に入ってから京極の名水というペットボトルをよく見かけていたのですが、ここの水だったんですね。
せっかくなので今日はこの水でご飯を炊くことにしました。
テントに戻りご飯の仕込をして温泉へ。しかも歩いていけます。うーん、素晴らしいキャンプ場です。
羊蹄山も見えるよ
豚肉やらなんやら
この日のご飯は途中の道の駅で買った味付き豚肉やソーセージなどを焼き、ご飯も炊いてと結構お腹いっぱいになりました。日が落ちると少し寒くなりましたが、気持ちよいキャンプ場だったのでテントに入る気にならず、ゆっくりと過ごして北海道での最後のキャンプを楽しみました。

今回のルート

走行距離:260km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください