北海道ツーリング その1

居並ぶモアイ

2015年8月8日(土)

いよいよ北海道ツーリングの始まりです。意気揚々とホテルをチェックアウトし、まずは朝食を食べに小樽運河近辺から程近い鱗友朝市へと向かいました。やはり大阪のような蒸し暑さは全く感じず、さわやかな朝。
小樽にW800
正面にある「味さき」というお店へ。周りの人が食べていた、いくらやサーモン、うにやイカなどにも心を惹かれましたが、あまり食べたことの無いサンマ丼を頂くことにしました。美味い。
鱗友朝市
サンマ丼
幸先良く美味しい朝食を食べた後は札幌へと向います。まずはがっかり名所として有名な時計台を見てがっかりしようと思っていたのですが、場所がよくわからずうろうろしているうちに面倒になったので、スルーして先へ。札幌市街地を過ぎてすこし南にある真駒内滝野霊園へ向かいました。なんで霊園などに来たのかというと。
モアイ
モアイとW800
入り口からモアイが並んで出迎えてくれました。すこし奥にはストーンヘンジもどきもありかなりカオスな様相を呈しています。意味はわかりませんが、適当に見物して先に進みました。

再び札幌市街地の方に向かい、さっぽろ羊ケ丘展望台へ。
広く気持ちのよい草地にクラーク博士となぜか石原裕次郎の顔がありました。
羊ヶ丘展望台
羊ヶ丘展望台
クラーク博士
石原裕次郎
ソフトクリーム
北海道1つ目のソフトクリームを食べてから、先へ進むことにしました。
札幌南ICから高速を使って市街地をパス。美唄ICで降りて直線国道として有名な国道12号に入りました。ほんとにずーっと直線です。いよいよ北海道らしさを感じるようになりました。
直線国道

直線国道をずーっと進み、北竜町の方へ向かいますと「北竜町ひまわりの里」に到着しました。
ひまわりの里
ここはかなりの規模のひまわり園で、観光客も多く訪れていました。再びソフトクリームを食べながら、ひとしきりひまわりと戯れ、先へ進むことにしました。
ひまわり
ひまわりだらけ
ひまわりソフトクリーム

国道233号線を進んでいくと海沿いの街留萌に到着しました。まずは、黄金岬へ向かいます。
黄金岬
黄金岬
黄金岬
ここは夕陽で有名だそうで、確かに西には海しかないので綺麗に海に沈むところが見られそうでした。ただ、ここで夕陽を向かえている場合ではないので先へ進むことにしました。

ここからは海沿いの道オロロンラインをひたすら北上しました。空が雲で覆われていますので少し物寂しい雰囲気です。途中、風力発電施設がありました。
風力発電施設が並ぶ
風力発電なW800

さらに北上しましたが、苫前まで来たころにはすでにいい時間になっていましたので、「とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場」に行くことにしました。ここは区画わけされたオートキャンプ場ですが、バイク用のサイトが用意されているとのことでした。
とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場
バイク専用サイト
うーん、バイク用サイトといっても管理等横のスペースに一列に並ぶだけのようです。扱い悪いな。あまり台数は停まれないようでした。なんか微妙ですが、仕方ありません。テントを設営し隣接する道の駅「風Wとままえ」にある温泉施設へ。ちなみに「風W」は「ふわっと」と読むそうです。
テント設営完了
とままえ温泉ふわっと
晩御飯は途中の道の駅で買ったレトルトのカレーにしました。今回の旅はガソリンストーブを持ってきたのですが、火加減の調節が難しくあまりうまく炊けませんでした。
カレー
今日は北海道ツーリングの初日でしたが、やはり体調はいまいち。左足の神経痛ですが、バイクに乗っているときは少し痺れがあるくらいだったものの、テントの設営などをしていると痛みが走ります。また、いすに座る体勢によっても痛みがでてきますので、あまりテントサイトで落ち着けませんでした。腰に負担が掛からないようにマットを2つ用意してきましたが、悪化するようだと途中でホテル泊も考慮しないとななどと考えながら眠りにつきました。

今回のルート

走行距離:305km

初めての北海道ツーリングへ

2015年8月6日(木)~7日(金)

毎年行きたいと思いつつ、気が付くとフェリー予約の時期を過ぎてしまい諦めていた北海道。このままではいつまで経っても北海道に行けないと、今年はまずフェリーの予約をしてしまって後のことはその時に考えるという荒業に出ることにしました。

が、フェリーの予約を済ませ北海道の情報を集めていた矢先、久しぶりにした野球で腰を痛めてしまいました。さすがに8月には間に合うだろうと思っていたのですが、坐骨神経痛を併発してしまい左足の痛みに悶絶する日々。なんとか症状もましになってきましたが、いまだ左足に痺れがあるため最後まで悩みましたが北海道には温泉が多いという理屈に思い至り、決行することにしました。

というわけで、8月6日仕事を終えてから舞鶴へ。これまで乗った九州行きのフェリーなどとはバイクの台数が桁違いでした。フェリー自体もだいぶ大きいようです。
新日本海フェリー
時間は掛かりましたが、乗船も完了。さっそく風呂に入ってビールを飲んでいると出航時間となりました。とはいえすでに夜中ですので、適当に過ごして寝ることにしました。
ビール

翌日も到着まで暇ですのでうろうろしたり、食事をしたり、本を読んだりして時間をつぶしました。
船内をうろうろ
船内で読書

やがて小樽の港に到着。だいたい晩の9時頃の到着ですので、この日は小樽のホテルに宿泊です。昔よりフェリーが速くなったそうなのですが、これだと翌朝早くに到着したほうがいいような気がしないでもない。体調も良くないためかいまいち実感がわかないままの北海道上陸となりましたが、それでも翌日からの旅を思い浮かべながら眠りにつきました。
下船準備をするライダー達

京都うろうろ

京都市美術館

2015年6月20日(土)

疲れが溜まっていたのでツーリングは近場へ行こうと思い調べてみると京都市美術館で「ルーヴル美術館展」が始まっていたので行ってみることにした。
京都は常に渋滞しているイメージであまり近寄りたくないのですが、何故か京都南ICの混雑もなく、市内もわりとスムーズに流れ平安神宮まで到着しました。岡崎公園駐車場にバイクを停めていざ美術館へ向かいますと、美術館に駐輪場がありました。400円もったいなかった。
駐車場で待つW800
美術館の駐輪場
ルーヴルなどまた大混雑なのだろうなと思っていってみると意外と空いており楽に鑑賞することができました。まあ、知らない画家が多いですが。わかったような表情を作りながらウロウロしておきました。
ルーヴル美術館展
美術館を出るとお昼頃でしたのでカレーを食べてから、近くにある吉田神社へ行くことにしました。
カレー

平安神宮のすこし北、京都大学の横の道を入っていくと吉田神社に到着します。歩いている人が全員賢く見えます。
吉田神社の階段
吉田神社は平安京と藤原氏を守るために建てられた歴史のある神社で二十二社の1つです。境内は広く、本殿の横の小高い山の上に大元宮や摂末社が点在しています。
吉田神社の鳥居
吉田神社の境内
吉田神社の拝殿
菓祖神社
続いて北野天満宮へ行くつもりだったのですが、市内を走っていると面倒くさくなってきたので国道162号に入って京北の方へ行くことにしました。だんだんと緑が多くなって気持ちよい道に。
しばらく走ってから道の駅ウッディー京北で休憩することにしました。
道の駅ウッディー京北
道の駅ウッディー京北
休憩しながら美山まで走るかどうか考えていたところパラパラと雨が振り出しました。
調べてみると京都のほうはこれから雨になりそうな感じだったので、ちょっと走り足りなかったですが今日はこのくらいで帰ることにしました。

本日のルート

走行距離:171km

富士山キャンプツーリング 2日目

鶴岡八幡宮

2015年6月7日(日)

夜半から振り出した雨のためテントにもぐりこんだところ、いつの間にか寝てしまっていたため3時半頃に目が覚めました。幸い雨は止んでいたので4時ごろからごそごそ動き出し、朝食などを食べます。最近のお気に入りは食パンにチューブ入りのバター。バーナーで軽く焼いてメイドさんばりに文字を描きます。当然「W」です。
早朝のキャンプ場
W
ゆっくりしながらの撤収になりましたが、それでも6時ごろ出発することができました。しかし寒いです。まずは山中湖の方へ向かいます。河口湖の辺りからは結構車も増えてきました。
出発するW800
山中湖
山中湖周辺の撮影スポットをいくつか調べていたのですが、今日も富士山は全く見えませんのでスルーです。山中湖東岸から伸びる「道志みち」に入りました。前回通ったときは雨だったため、ほとんどバイクとすれ違わなかったのですが、この日はこれでもかと言うくらいにすれ違いました。後で知ったのですがカワサキのコーヒーブレイクミーティングが富士山の麓で開催されていたようですのでそれに向かうバイクも多かったのでしょうか。知ってたらそっちに参加していたかも。残念です。

しばらく走って「道の駅どうし」で休憩しました。かなり寒く、指先がしびれていましたので珈琲で温めます。しかし、ここもバイクが多いです。
道の駅どうし
前回はここから引き返しましたので、この先は初めて走る道になります。やはり気持ちよい道が続きました。また、道沿いにいたるところにキャンプ場がありましたが、機会があればこちらでもキャンプしてみたいです。

途中から神奈川県警の先導車が付きましたので、時間が掛かりましたが宮ヶ瀬湖に到着しました。
宮ヶ瀬湖
宮ヶ瀬湖
湖を眺めながら少し休憩したあとは「いざ鎌倉」ということで、県道64号に入って南へと向かいます。
しばらく田舎道を走っていたと思ったら急に都市部にでました。急変にうろたえる暇も無く道が混み始めましたが我慢して進みます。渋滞になると暑いです。しばらく耐えた後、寒川神社に到着しました。
寒川神社
相模国の一宮でかなり古くから尊崇されている神社です。関東の守り神として全国で唯一の八方除の守護神として信仰されているようです。さすがに社殿も立派です。
寒川神社神門
寒川神社拝殿

続いて案内板にしたがって鎌倉へ。街中になっているのでやはり混んでいます。だんだん道が狭くごちゃごちゃしてきたところで大仏の看板が見えてきました。が、凄い人で道も狭く駐車場もどこにあるのかよく分からない有様だったのでスルーすることにしました。気を取り直してすぐ近くの鶴岡八幡宮へ。
こちらも神社手前からかなりの人と車で大混雑していました。それでもなんとかバイクを停められる駐車場を教えてもらい、スルーせずに済みました。
昼時だったので駐車場の表側にあるうどん屋さんで昼食を先に食べてから参拝することにしました。豚バラ丼が名物らしいのでそれを頂きましたが、3日連続で豚バラになってしまいました。
豚バラ丼
鶴岡八幡宮はかなりの人でにぎわっていました。境内も広く、八幡社のなかでもかなり有名で参拝者も多い神社ということで前から来たかった場所でしたので満足でした。
鶴岡八幡宮参道
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

参拝後は海沿いまで出てみることにしました。おそらく混んでいるだろうなと思っていましたが、やっぱりかなりの渋滞でした。初めてきましたが、江ノ島やら茅ヶ崎やらサザンっぽい名前の地名が続き、やはりサーファーだらけでした。すこし停められる場所があったので休憩していましたが、革ジャンを着ている自分の横を上半身裸のおっさんが歩いていたりとややこしい風景でした。
渋滞する江ノ島付近
江ノ島らへんの海岸
途中からは道も流れるようになり、気持ちよく海沿いを走れました。しばらく走ると小田原に来ましたので、久しぶりにターンパイクに入りました。前回は500円だったと思うのですが、520円に値上がりしていました。払いにくいよ。
ターンパイクでW800
快走路をびょーんと走って大観山へ到着。
大観山のラウンジ
今回はまだ食べていなかったのでソフトクリームを食べながら富士山の方を眺めます。が、雲が多く先っぽしか見えませんでした。
ソフトクリーム
大観山から見た富士山の先っぽ

この時点で午後3時。そろそろ帰らないとやばいです。箱根スカイラインなどを乗り継いで御殿場まで走り、新東名に入って大阪までの長い道のりを戻りました。今回は富士山がほぼ見れなかったのが心残りでした。

今回のルート

富士山キャンプツーリング 1日目

ふもとっぱらのW800

2015年6月6日(土)

静岡の駿府博物館で開催されている「川瀬巴水展 郷愁の日本風景」が6月7日までということで、行ってみることにした。ついでに久しぶりに富士山周辺でキャンプをする予定。どっちがついでかわかりませんが。

浜名湖SA
奇跡的に早起きできたため予定通り出発。新名神や伊勢湾岸道を走り続け、10時過ぎには浜名湖SAに到着することができました。いい天気です。

さらに東名を静岡ICまで進んで無事駿府博物館に到着することができました。
川瀬巴水展
一見ほんとにここに博物館があるのかと不安になりましたが、中は綺麗なギャラリーになっていて時代ごとに展示されている作品を楽しむことができました。

目的を達成したところで富士へ向かうことにしました。もう一度東名に乗ってすぐのところにある富士川SAで昼食を食べることにしました。良い天気です。
富士川SA
ミニ生シラス丼とミニ生桜エビ丼のセット
ミニ生しらす丼とミニ桜エビ丼が両方食べられるなんとかセットを注文。お得なような、食べたりないような気分でした。

あと少し高速を走ってから西富士道路に入りました。キャンプ場に行く前に浅間大社によることにしました。富士山をご神体として祀っていますが、ここは麓にある本宮。富士山頂に奥宮がありますが、いつか行ってみたいです。
浅間大社の楼門
浅間大社の拝殿
湧玉池

そうこうしているとなんと曇ってきました。雨が降りそうな雰囲気だったので先にキャンプ場へ向かうことにしました。富士山周辺は数多くのキャンプ場があるので迷いましたが、今回は広い草原で有名な「ふもとっぱら」に行くことにしました。
受付を済ませ、さっそく中へ。やはりかなり広いです。あまり天気が良くないせいでしょうか、キャンパーも思っていたほど多くなく、スペースがありすぎてどこに設営するか迷いました。ちょっと水場から離れましたが、まあいいか。
晴れていると富士山が見えるようなのですが、残念ながらさっぱり見えず。
テント設営完了
設営が終わったので食材の買出しと風呂に行くことにしました。国道139号に戻り少し北に進むと道の駅朝霧高原があるのでそこへ行くことにしました。この日は焼肉をすることに決めていたので肉を購入。しかし牛肉が売っていなかったので豚肉になってしまいました。前日にサムギョプサルを食べていますので連日の豚肉です。

お風呂の前に近くにある白糸の滝によってみることにしました。
有料駐車場にバイクを停めて少し歩きます。有名な滝だけあって、さすがなかなかの景観でした。
白糸の滝
白糸の滝
白糸の滝

白糸の滝の近くにある風の湯でお風呂に入って、お酒を買うためにコンビニへ。キャンプの盛んなエリアだからでしょう、コンビニに薪が売っていました。
コンビにに薪

その後6時半ごろキャンプ場へ戻ってきましたが、まだまだ明るいです。さすが日の長い時期ですね。しばらく椅子に坐ってぼーっとしてから夕食にすることにしました。

とりあえず豚肉を焼いていきます。が、タレを忘れていたことに気付きました。仕方ないので、食通ぶって塩でいただきました。
焼肉
煙が何故か自分のほうに流れてくるので、移動しながらの食事。一周した頃食べ終わりました。本当であれば、食後焚き火をして過ごそうと思っていたのですが、焚き火台を忘れてしまいました。さらにヘッドライトも忘れていましたので、まあまあ不便です。忘れ物の多いキャンプになりました。

今回のルート

2015 NANKAIライダーズMEET

南海ライダーズmeeting

2015年5月23日(土)

昨年も行ったのですが、淡路島で開催された南海部品のイベントに行ってきました。開場にあわせて行くためにいつもより早めに6時半ごろ出発しました。

自分的には早朝のイメージだったのですが、何故か阪神高速神戸線は渋滞していました。予定より少し遅れて京橋PAに到着。朝食を食べようとフードコーナーに行ってみたところ7時半からのオープンでした。10分ほど待ちましたが、渋滞しててちょうど良かったようです。
京橋PA
京橋PAのモーニング

朝食後、颯爽と明石大橋を渡り淡路島へ突入。久しぶりのような気がします。
会場の淡路島ワールドパークONOKOROまで少し走りました。しかし、晴れの予報だったような気がするのにどんよりとした空模様です。
しかしながら駐輪場にはかなり多くのバイクが止まっていました。
会場のバイク群

10時の開場まで少し並んで待ちましたが、受付でマグカップをもらいました。無料イベントなのに太っ腹です。
マグカップもろた
去年と同様会場内は多くの出展ブースが並んでいて、なかにはかなり安くなっている商品などもあり、にぎわっていました。いろいろと周っているといつの間にか時間が経っていました。
出展ブース
会場内の様子
トーク中のステージ
おなじみの多聞さんらのトークを観たり、W800のデモ車両に装着されたワイバンマフラーの音を聞いたりしてしばらくうろうろした後、会場を後にしました。

その後はほぼいつものコース。海沿いの道に入って南淡の方をぐるっと周って走ることにしました。一周しようかとも思ったのですが、雲行きが怪しかったので途中から高速に乗って早めに帰ることにしました。
海沿いの道
モンキーセンター

本日のコース

中国地方ツーリング 最終日 秋吉台~下関

防府天満宮

2015年5月6日(水)

今回の旅もついに最終日です。何度か入っているので悩みましたがせっかくなので秋芳洞に入ってみることにしました。8時半からのオープンですので余裕を持って朝食を食べて、撤収作業をすることができました。
朝食
駐車場に停めさせてもらい秋芳洞の方へ。入り口が見えてきました。
秋芳洞
秋芳洞の入口
当然中は暗いです。写真はほぼ光が足りずぶれぶれでした。
秋芳洞
いろいろな形の鍾乳石はどれも気の遠くなるような年月がかかって出来上がったもの。神秘的ですね。
大黒柱
百枚皿
黄金柱

鍾乳洞の中ということで涼しいのかと思いきや、歩いていると暑くなったので梨のソフトクリームを食べることにしました。
ソフトクリーム

これで秋吉台とも離れ次は防府を目指します。途中山口を通り、国道262号を走ると防府に到着しました。防府と言えば天満宮ですが、案内板があるので迷わずに着く事ができました。
防府天満宮
さすがに日本三天神の1つということで敷地も広く立派な社殿です。どうやら一番最初に祀られた場所のようです。
防府天満宮
牛
最初に祀られたそうです

参拝後は2号線に入って下関を目指します。またしても神社ですが、長門国の一宮である住吉神社へ向かいました。
住吉神社
福岡にある住吉神社と大阪の住吉大社とあわせて日本三大住吉と言われていますが、やはり立派な社殿です。
住吉神社
住吉神社の狛犬
住吉神社の本殿

次は海沿いに向かい唐戸市場に行きました。もうすぐ15時だというのに昼ごはんがまだでしたのでおなかがペコペコです。
唐戸市場
時間も時間ですので鮮魚類は叩き売り状態。500円で寿司のパックを購入しやっと昼食にありつけることができました。
唐戸市場

食後近くの港から巌流島へ渡る船があったので見に行ったところちょうど出航の3分ほど前。急いで切符を買って乗り込みました。
巌流島
個人的に巌流島と言えばマサ斉藤が浮かぶのですが、船内のアナウンスでマサ斉藤の名前が出てきたときには笑ってしまいました。さすが決闘の聖地。あと決闘の聖地でバーベキューができるそうです。
程なく巌流島へ到着しました。上陸するとなにやら雲行きが怪しくなってきました。そういえば錦帯橋でも佐々木小次郎の像を見ました。無理やり因縁を感じながら歩いていると武蔵と小次郎の像が建っていました。
巌流島
武蔵と小次郎
何故かローマ字
島自体は広くないのでぐるっと一周し桟橋へ戻ってきて帰りの船に乗り込みます。
自分もいつかここで、と決意を新たにし先へ向かうことにしました。

続いて近くにある赤間神宮に向かいました。
壇ノ浦の戦いで海に沈んだ安徳天皇を祀っている神社です。
赤間神宮
赤間神宮
何故か耳なし芳一も祀られていました。実在の人だったんでしょうか。
耳なし芳一
時間に余裕があったので火の山公園へ上がってみることにしました。
火の山パークウェイを登っていくとパーキングがありました。展望台まで少し歩きます。デートスポットかと思い警戒しましたが、ほとんど人はいませんでした。夜景が綺麗なようなので、もっと遅くなると集まってくるのでしょうか。
火の山公園
下関の町
関門海峡を眺めながらしばらくゆっくりとしていました。
関門海峡

ここからは関門橋を渡って九州へ入り、新門司にある名門大洋フェリーの港に向かいます。行ってみると連休の最終日だというのに結構な数の乗客。バイクも多いです。並んで手続きを済ませフェリーに乗り込みました。
フェリーの手続き
フェリー
やがてフェリーは大阪に向けて出航しました。今回の旅も終わりです。

今回のルート

走行距離:197km

2015 中国地方ツーリングの全ルート

総走行距離:1330km

中国地方ツーリング 4日目 益田~秋吉台

角島大橋

2015年5月5日(火)

久しぶりのキャンプ場の朝、気持ちのよい目覚め。この日は今回の旅の最大の目的地である角島と秋吉台カルストロードの2つを走る日です。昨日の残りのご飯をかき込んで早速出発することにしました。

出発してほどなくホルンフェルス断層の方へ寄ってみました。
須佐湾
ホルンフェルス断層
ホルンフェルス断層
海にせり出した岸壁に綺麗な縞模様が見えます。豪快です。
人がいたので下まで降りられるようなのですが、戻ってくるのがしんどそうなので遠くから眺めるだけにとどめておきました。
海沿いにW800
海沿い
海沿いの道をどんどん進んでいきます。朝はやっぱり気持ちが良いです。
しばらくすると大河ドラマで賑わうであろう萩に到着しました。
早速松蔭神社の方へ。
松蔭神社
まだ9時半だというのに結構人がいます。あまり人気が無いとはいえ大河ドラマの影響なのか、もともと萩に人気があるのか。ツアーらしき集団で説明をしている人の話を盗み聞きして知識を深めておきました。
松下村塾
説明を聞く人々
塾の中
松蔭神社
こちらもやはりゴールデンウィークということでイベントなども行われているようでしたが、人が多いです。高杉晋作の生家なども見ようかと思ったのですが駐車場から結構離れるため諦めました。ですので萩城址の方へ向かいます。
萩城址
お堀
萩の砂浜
萩の砂浜
ここは風が吹いていてかなり気持ちよかったです。近くにある砂浜も開放感があって気持ちの良い場所でした。少し休憩してから先へ向かうことにしました。

ここからも国道191号をずっと西に向かいます。青海島など途中気になるところも何箇所かあったのですが、角島の渋滞が予想されるためとりあえず先へ進みました。
国道からそれたあたりからやはり渋滞しだしました。周りを見ると九州やら関西やら東海、関東などの車も多いです。凄い角島人気。我慢に我慢を続けてやっと橋に入ることができました。不思議と橋に入るとまあまあ流れます。
角島大橋突入
橋を渡ってすぐに有るパーキングで写真を撮ってすぐに折り返しました。
角島大橋
帰りのほうが出口で詰まるせいかなかなか動きませんでした。橋の袂のパーキングですこし休憩し、しばらく橋を眺めました。やはり良い景色でしたが、ほんとに車が多いです。角島に住んでいる人は大丈夫なんでしょうか。
角島大橋
角島大橋
ひとしきり堪能したので来た道を戻ることにしました。反対車線はまだまだ角島大橋へ向かう車で一杯です。ここからは秋吉台に向かうのですが、途中スルーした千畳敷へ寄ってみる事にしました。
千畳敷
こちらもかなりの絶景。ついつい南紀白浜の千畳敷を思い浮かべていたのですが、石畳ではなく広い芝生になっていました。
千畳敷
千畳敷からの眺望
海の眺めも最高です。しかし赤潮じゃないのか?
しかも、ここはキャンプ場にもなっているようです。ちょっと風は強そうですが、かなり気持ちよさそうです。機会があればテントを張ってみたいですね。
千畳敷
国道に戻り長門で国道316号に入って南へ。途中で折れて秋吉台を目指します。
ちょうど秋吉台の手前に弁天池があったので寄ってみました。ここは以前も来た事があるのですが、あいかわらず透明度が高く綺麗な水でした。
弁天池
弁天池

いよいよ秋吉台に到着しました。とりあえず展望台の方へ行ってみることにしました。
秋吉台
カルスト台地
カルストロードが見えます
石灰岩の浮き出た草原が広がっています。風も心地よかったのでしばらく眺めてからカルストロードへ向かいました。
秋吉台カルストロード
カルスト地形の中を走る景色の良い道です。
道自体も走りやすくて気持ちがよく、何度走っても飽きそうにありません。
カルストロードにW800
秋吉台
しばらくするとカルストロードの北端に到着しましたので、本日の宿泊地秋吉台オートキャンプ場に向かいました。
秋吉台オートキャンプ場
秋吉台オートキャンプ場
景清洞トロン温泉という施設が隣にあってキャンプの受付もそちらです。意気揚々と受付に向かいましたが予約で一杯で入れないとのことでした。
かなりショックでしたが仕方が無いのでもうひとつの候補地である家族旅行村へ行ってみることにしました。場所は秋吉台展望台の近所、つまりカルストロードの南端です。
再びカルストロードに入りそちらを目指します。絶景道を2度走れるのですから良しとしましょう。
秋吉台家族旅行村
家族でもないしこちらのほうが混んでそうなイメージだったのですが、幸いすんなりと入ることができました。繁忙期は芝生広場を臨時サイトとして開放してくれているようです。どこに張るか悩むくらいでしたが無事テント設営を完了しました。
テント設置完了
テントを設置したらお風呂です。管理棟で聞くと一番近い温泉は景清洞トロン温泉だそうです。・・・さっきのとこです。
景清洞トロン温泉
再びカルストロードを往復することになりました。もう飽きてきました。
カルストロード

サイトに戻って夕食。その後お酒を飲みながらゆっくりしました。この日は他に数組しかおらず、悠々と過ごすことができました。しかし、夜半からは息が白くなるくらい冷え込んできたので早々にテントに入って眠りにつきました。

今回のルート

走行距離:262km

中国地方ツーリング 3日目 広島~益田

錦帯橋

2015年5月4日(月)

朝目を覚ますも雨は微妙に収まっておらず、仕方が無いのでホテルをチェックアウトしてモーニングを食べるために街をぶらぶら。しかし、まだ7時過ぎのためか全然店が開いていません。1軒のパン屋の前に行列が。美味しいから並んでいるのか、他が開いていないから並んでいるのかよく分からなかったが7時半からオープンのようなのでそこで食べることに。無駄に優雅な朝食。
朝食セット900円
食べ終わっても小雨が降っていたので諦めてカッパを着て出発することにしました。
雨の広島市内は路面電車の線路が怖いですので気をつけて走ります。しばらくすると宮島のフェリー乗り場に到着しました。
さっそく切符を購入していざ島に渡ります。
宮島フェリー乗り場
フェリーで宮島へ

切符を買ってから気付いたのですが、宮島に渡るフェリーは2社が運行していて当然それぞれ切符も違います。事前調査では鳥居の方を周ってから島に向かう船に乗るつもりだったのですが、買った切符は別の会社のものでした。なので鳥居にはわき目も振らず島に向かいます。

平清盛
島に上陸。さすがは世界遺産。雨だというのに人が多いです。人の流れに身を任せていると自然と厳島神社に誘われていきました。
宮島は人多い
厳島神社へ向かう人々
厳島神社の鳥居
参拝するのに入場料が必要でした。さすがは世界遺産。
厳島神社の入場ゲート
海の上に作られた社殿を周ります。海の中の岩の上に小さな鳥居や社が置かれているのはたまにありますが、社殿自体が海の上に作られているとかかなり独特ですね。すぐ傷みそうですし、台風などで被害を受けてもそのたびに修復する心意気も凄いです。さすがは世界遺産。
厳島神社の社殿
厳島神社の社殿
社殿を出たところで焼牡蠣を売っていたので食べることにしました。美味しかったですがこれが昼ごはんになるとは。
焼牡蠣な
再び船に乗り戻ってくるとようやく雨も止んだようです。やっとカッパが脱げます。国道2号を走って山口県に入り、錦帯橋に付く頃には太陽も見えるようになりました。
錦帯橋
錦帯橋の駐車場
川原の広い駐車場の隅っこにバイクを停めさせてもらい、橋を渡ります。下の川原も気持ちよさそうです。何度か登って降りてを繰り返すと程なく向こう岸に。
錦帯橋を渡る
錦帯橋の下
天気が良くなったのはいいのですが、太陽が出たら出たで暑いです。やはりここはソフトクリームしかないでしょう。
錦帯橋の向こう岸
萩のマロンソフトクリーム
山の上に見える岩国城天守までロープウェイで上がってもよかったのですが、結構な人が並んでいたので却下。シロヘビや佐々木小次郎の像などを見て周ることにしました。
佐々木小次郎
錦雲閣
シロヘビ

当初の予定ではこの近辺でキャンプする予定だったのですが、まだまだ早い時間ですので一気に日本海側まで抜けることにしました。国道187号に入って北へ向かいます。
国道187号にW800
道の駅ピュアラインにしき
この道はかなり気持ちよい道でした。天気もよい中快調に進み山陰の小京都、津和野に到着しました。駅前に来るとなにやら多くの人が集まっていました。
ちょうどSLやまぐち号の発車時刻が近づいているためでした。
津和野
しばらく待っていると、豪快な汽笛と迫力のある煙を噴き上げながら発車していくところを見ることができました。これはかなりラッキーでした。
SLやまぐち号
SLやまぐち号
こちらも負けじと発車してさらに北へ向かいます。益田から海岸沿いにでてしばらく西に行くと道の駅「ゆとりパークたまがわ」があったので寄りました。ちょうどこの裏手の方にキャンプ場がありますので、まずは買出しをしておくことにしました。

買い物を終えてキャンプ場へ。意外と人が多いです。しかし管理棟も開いておらずどこで受付をしたら良いか分かりません。すでにテントを張っておられたライダーさんに聞いたところ先ほどの道の駅で受付をしているそうでした。・・・まあ近いからいいけど、すぐ戻って受付を済ませ、適当な隙間を見つけてテントを張ることができました。
やっと今年の初キャンプです。
田万川キャンプ場
テント設置完了
ここ田万川キャンプ場はすぐ隣に温泉施設があり便利で気持ちよいキャンプ場でした。
晩御飯は飯盒でご飯を炊き、呉の大和ミュージアムで買っておいたレトルトの海軍カレーを食べることにしました。また、初日に三次ワイナリーで買っていたウィンナーもいただきます。要冷蔵と書いてありましたが見なかったことにしました。
夕食
カレー
カレーの後はこれまた三次ワイナリーで買っていたカープワインを1本飲んでしばらくぼーっとしていました。やっとキャンプすることができました。

今回のルート

走行距離:245km

中国地方ツーリング 2日目 三次~広島

酒造でW800

2015年5月3日(日)

目を覚まして窓から空を見上げるとどんよりとした雲。予報では午後から雨とのことだったので、朝食を食べたらすぐに出発することにしました。
湖畔の里福富
福富の道の駅の前

国道375号に入って東広島を目指します。途中にある川沿いの道など非常に気持ちよく、車も少ない上に流れも速いためさくっと東広島は西条の駅前に到着しました。ここは昔ながらの酒造の町ですので少し見て周ることにしました。
酒造通り
白牡丹でW800

その後近所をうろうろしていると雨が降ってきました。予定よりちょっと早いですが仕方ないのでカッパを着込んで走ります。ここからは山の中を抜けて安芸津に出てから海岸沿いを呉まで走るつもりだったのですが、雨の中走ってても面白くなさそうだったので国道375号でそのまま呉まで向かうことにしました。
大和ミュージアム
呉といえばで大和ミュージアムに到着しました。かなりの人で、バイクも多いです。さっそく中を見学することにしました。
ど真ん中にでかい大和が。
ヤマト
ヤマトを上から見てみました
大和以外の船やゼロ戦、人間魚雷の回天などがいろいろと展示されていました。また、大和の乗組員の手紙など改めて戦争について考えさせられる資料を数多く見ることができました。
場内の様子
回天。これに乗るとか怖すぎる
ゼロ戦やら潜水艦やら

一通り見学して外に出ると海軍カレーが売っていたので、昼食に食べることにしました。その後雨はいまだに降り続いていましたのでカッパを着込んで早めに広島市内に行ってしまうことにしました。
海軍シリーズの売店
海軍カレーは500円

市内に近づいて見ると開催中のフラワーフェスティバルにより平和大通りは交通規制とのこと。そういえばやってたなそういうの。

街中に何箇所か有るバイク駐輪場を探してしばらくうろうろ。バイクPの案内板を発見したのでそれにしたがっていくとうまい具合に基町市営駐車場にたどり着きました。
預けられたW800
バイクを預けて雨の広島を歩くことにします。
そごうは変わってない
広島市内は約20年ぶりですが、地下街ができているのにビックリしました。まずは原爆ドームを見に平和公園の方へ向かいます。
原爆ドーム
平和公園
雨にもかかわらず平和公園も多くの人で賑わっています。フラワーフェスティバルのステージからは夏川りみさんの歌声が聞こえてきました。以前で覚えているのは大事MANブラザースですので時の流れを感じます。
フラワーフェスティバル
平和公園を適当に歩いているといつのまにか平和大通りまで来てしまったので、フラワーフェスティバルに混ざって歩くことにしました。
フラワーフェスティバル
その後も市街地をうろうろ。この日は雨の予報だったため最初からビジネスホテルを予約済み。雨のため早めに市街地に来ましたが、やることが無くなり歩き疲れてきました。仕方が無いので喫茶店で本を読んで過ごすという普段と何ら変わらない生活に。

久しぶりに市内で晩御飯をと楽しみにしていたのですが、フラワーフェスティバルなどの影響もありどのお店もいっぱい。お一人様には冷たく、断られまくりました。しぶしぶ入れてくれた店も居心地が悪くなにやら微妙な感じになってしまいました。
夜の広島市内

今回のルート

走行距離:122km