カワサキW800

W800 メタリックダークグリーン

免許を取る前からバイクは決めていた。カワサキのW800である。バイクに関しては素人なので、完全に見た目だけで選択したが、記事などを見ていると大型にしては取り回しも扱いやすく、低速でも非常に乗りやすいということなので、自分にぴったりだと感じる。

ということで今日は近所のバイク屋に購入の確認に行った。ただ聞いてみるとカワサキに関しては販売店制度が厳しいため、なかなか取扱ができないということだった。明日問い合わせてもらい、どうなるか連絡がある予定。

ご近所のため、今後のメンテナンスも考えると、そのお店で契約したいのだが。

W800
W800 メタリックダークグリーン

(写真はメーカーサイトのもの)

Kawasaki W800 Special Site

月下の恋人

浅田次郎の短編集「月下の恋人」を読了。

どの作品もそれぞれ不思議な持ち味、雰囲気を持っており、なぜか懐かしい感じもする。面白かった。

新寝台特急殺人事件

西村京太郎の「新寝台特急殺人事件」を読了。

トラベルミステリーの先駆となった「寝台特急殺人事件」に「新」がついたものだが、中身はまったく関係ない。しかも寝台特急の中で起こる殺人はタイトルに合うように付け足した感じがして、メインのストーリーは鉄道にあまり関係ない感じだった。ただ、やっぱり読みやすく、話に引き込まれて一気に読み進んだ。

大型自動二輪免許取得

先日合格した大型2輪の免許証を交付してもらいに門真へ行ってきた。平日なのに更新の人が多く、やたらと時間がかかった。だが、これでやっと正式に免許を取得できたので、どんなバイクでも乗れるようになった。

夜のピクニック

恩田陸の「夜のピクニック」を読了。

かなり面白かった。
特に大きな事件が起きるわけでもなく、「ただ歩いているだけ」なのだが、登場人物の心の動きがうまく描かれており、どんどん読み進んでしまう。

自分にはない青春の思い出的な世界が不思議な気分にさせてくれた。

大型2輪卒業検定合格!

今日は大型2輪の卒業検定だった。なんとか合格した。

今日の検定は7人だったが、大型は自分1人だったので、トップバッターになってしまった。だが、スタート時間が教習の休み時間にあたったため外のコースに自動車がおらず、かなり楽に進めることができ、逆にラッキーだった。結構緊張したので内容をあまり覚えていないが、降車後教官から安定していたと言われたので大丈夫かなと感じた。課題だった一本橋はたぶんタイムが10秒切っていたと思うが、他に記憶にあるミスはなかったので減点されても大丈夫だったのだろう。

他の6人も合格で今日は全員合格だった。年配の人が2人いたが、特に1人は何回か落ちているみたいで、みんな応援していた。初対面だったのだが、やっぱり連帯感が生まれるようで、なんか良かった。

呪う天皇の暗号

関裕二の「呪う天皇の暗号」を読了。

天皇制が存続してきた理由などを、成立過程の古代から推理していく。内容は面白いし、筋だった説明は十分に納得のできるものだと思う。

ただ、この著者の本はかなり多く出ており、結構な数読んでいるのだけど、内容がほとんど同じで、読んだのか読んでないのかを書店で判断できなくなってきた。最初の頃から主張が少しずつ変わってきている部分もあるので、ある程度期間を開けてその時の最新のものを読むようにした方がいいかもしれない。

最後の一球

島田荘司の「最後の一球」を読了。

ミステリー色は少ないが、一人間の生涯が内面も含めて詳細に描かれている。もう一人の人間も含めてそれぞれの栄光と挫折がリアルに描かれており面白かった。

大型2輪教習 第2段階 その5

今日で第2段階も最後の教習。しっかり最終確認して検定に望みたかったのだが、あいにくの雨。どうも雨に気をとられたのかあまり調子がよくない。今日指摘されたのは以下の点

  • 何度かウィンカーの消し忘れ
  • 交差点の通過速度が速い(徐行する)
  • 道路の優先をちゃんと確認
  • 曲がる方向と逆側もちゃんと目視する
  • 中での視線が近い

外は集中して、確認を忘れないようにすれば、大丈夫だろうとのこと。中での一番の問題はやっぱり一本橋になってくる。9秒台後半はコンスタントに出るようになったが、なかなか10秒以上は出なかった。検定では落ちるよりましなので、多少早くても渡りきることを最優先でやろうと思う。また、スラロームでも重心を前目にすることで、安定したような気がする。

教習後、検定の予約を入れた。今度の火曜日にいよいよ検定になるが、今回は一発で合格できるように頑張ろうと思う。

大型2輪教習 第2段階 その4

今日の教習はシミュレーションだった。実車ではないので夜の時間にした。中型の時もシミュレーションはあったが、久しぶりにやってみたらシステム的にはかなり進歩しているなあと思った。実際の路上とは視界の広さやスピード感などがだいぶ異なるので、少し変な感じではあるが、かなり再現していた。

特に高速道路の走行部分などはよくできているなと思った。