八千穂高原駒出池キャンプ場

駒出池キャンプ場

2016年7月16日(土)~17日(日)

大阪も非常に暑くなってきたので信州に涼みに行くことにしました。金曜日の夜仕事を終えて帰宅後荷造りして出発。どこかの健康ランドで泊まる予定だったのですが、荷造り中に無意識で缶ビールを飲んでいることに気付き断念。苦手な早起きをして出発しました。
名神高速から中央道をひたすら走り、お昼前には諏訪に着きました。諏訪以南と諏訪では全然気温が違う感覚があります。

まずは八ヶ岳エコーラインを走って道の駅こぶちさわへ。カレーを食べました。いつもはごった返しているイメージの道の駅ですが、駐車場部分が工事中のせいか人は少なく感じました。
道の駅こぶちさわ
カレー

八ヶ岳の周りでは霧が垂れ込めていましたが雨にはあわずにすみました。清里などを過ぎ国道141号に出てから北へ向かいました。
目的地の駒出池キャンプ場は国道299号に入ってすぐにあり、まだ時間も早いですので、途中にあった松原湖に寄ってみました。
松原湖

雰囲気も良く綺麗な湖でしたが小さいので時間も潰せず、いつもより早いですがキャンプ場に向かうことにしました。看板がいっぱい出ているので迷うこともありません。程なく駒出池キャンプ場に到着しました。
駒出池キャンプ場
駒出池キャンプ場
雰囲気の良いキャンプ場で管理棟なども綺麗でした。多くは林間のサイトなのですが池の周りはやはり人気らしく、入ることができませんでした。もっと早く来ないとだめなのか。
適当な場所を見つけテントを張ります。今回は先日購入したテンマクデザインのパンダテントのデビューです。初めてのワンポールでしたが、設営は簡単でした。
パンダテント
パンダテント
外観は非常に良い雰囲気です。ただインナーが狭く、寝るスペースしかないので荷物はフライシートの下に置く形になります。メインで使用しているモンベルのクロノスIIだと荷物も全てインナーに入れることができるので雨の時に不安が残りました。
雨の降らない天気の日にインナーなしでコットを置いて使う形になりそうです。
駒出池キャンプ場
夜は肉を焼いて焚き火をして過ごしました。
肉を焼く
焚き火をする

翌朝は国道299号を茅野方面に走ります。
メルヘン街道
299号よりも少し南にある小道の先にある御射鹿池に寄ることにしました。
細い道の先を進んでいくと急に人がいっぱいいて驚きました。
御射鹿池
御射鹿池
絵のモデルになったり、アクオスのCMで使われたりするだけあって、綺麗で静謐な池でした。
ここからはいよいよ本番のビーナスラインに入ります。白樺湖へと向かいました。
女の神展望台
が、白樺湖あたりにくるとパラパラと雨が降り始めました。カッパを着てとりあえず霧が峰の駐車場へ。とりあえず、じゃがバターを食べて考えます。
じゃがバター
ここから美ヶ原高原美術館まで走る予定だったのですが、雨は止みそうにありません。泣く泣く諦めて帰ることにしました。こんなことなら昨日先にビーナスラインを走っておくべきでした。
帰りもひたすら中央道を走りましたが南信まで来ると雨も降らなさそうだったので飯田ICで降りて豊田まで下道を走ることにしました。
この国道153号線が非常に気持ちよい道だったのがせめてもの収穫でした。

今回のルート

走行距離:1024km

60,000キロは龍神で

6万キロなW800

2014年9月21日(日)

9月後半にもなって、あろうことか今年高野龍神スカイラインを走っていないことに気付いたので走りに行くことにした。今年最初で多分最後でしょう。

高野山へはいまだにどのルートが早いのか掴めていないですが、10時過ぎに金剛峰寺に到着しました。奥の院前の駐車場で少し休憩しましたが、かなりの数のバイクが集まっていました。
奥の院
奥の院前

さて高野龍神スカイラインに入ります。スタートしてすぐ道の脇におっさんが座っていました。危ないところでした。少し先で白いSSが1台サイン中でした。

気を取り直して先に進みます。久しぶりですが、やはり気持ちよい道です。
高野龍神スカイライン
高野龍神スカイライン
天気も良いので気持ちよく快走していましたが、徐々にスピードを落としていきます。メータを確認しながらしばらく走ったところで60000kmになりました。うまいぐあいに駐車スペースがありました。
6万キロ
乗り出してから3年ちょいですが、よく走ったと思います。まあ、まだまだこれからですけど。
6万キロとW800

再び走り出してしばらくすると、ごまさんスカイタワーに到着しました。こちらもバイクが多いです。
ごまさんスカイタワー
ごまさんからの展望
今回は初めてレストランに行ってみました。日替わり定食は生姜焼きでしたが、美味しかったです。まずい生姜焼きに出会ったことはありませんが。
生姜焼き定食

その後もスカイラインを走り続けると龍神村に到着しました。少し早いですが温泉に入ることにしました。いつもの元湯へ向かいます。
龍神温泉
龍神温泉
龍神温泉は日本三美人の湯として有名で、そのお湯は美肌効果が高いそうです。かなりの美肌になったところで今回は国道424号を通って有田へ抜けて帰ることにしました。
川
橋
ダム
道の駅「しらまの里」

実は高野山へ上がる途中にヘッドランプが点いていないことに気付きました。ハイビームは点灯するのでどうやらバルブが切れていたようです。そのため暗くなる前に大阪まで戻ることにしました。幸い時間に余裕があったのでタイチ本店に寄ってヘッドライトバルブを買ってから帰ることができました。
帰宅後すぐにバルブを交換。無事ライトも復活しました。
ヘッドライト
走行距離も60000kmを越えてきましたので、こういうこともありますね。ハイペースでオイル交換にやって来るためショップでアホ扱いされてそうなのが気になりますが、まだまだ乗り換えることもなさそうです。

今回のルート

リアサスペンション

先日我がW800も走行距離が50000kmを超えたが、それに先立ってリアショックを交換した。交換についてはかなり前から考えていたのだが、いろいろと調査し考察を重ねた結果、オーリンズにすることにした。理由は有名だからである。

OHLINS オーリンズ /リアサスペンション
OHLINS /リアサスペンション

換装するにはチェーンガードが干渉するようで、すこし削らないといけないとのことなのでショップの方で作業をお願いした。増税前に交換を考えるライダーも多いみたいで、オーリンズもよく売れているようだ。SS用のサスだと倍くらいの値段になるんだから大きい。

さっそく汚い・・・
オーリンズのリアショック

装着後は路面の凸凹に対しても、なにやら滑らかに反応するようになった気がする。
まだ最初にセッティングしてもらったままなので、調整しながら様子を見ようと思う。

W800タイヤ交換

タイヤのスリップサインの自己主張がかなり激しくなってきていたため、先日タイヤを交換することにした。気づいてない時は全く気にしないのに、一旦気付くと滑ったような気になって急に不安になる。
今回で4本目のタイヤとなるが、2本目に履いていたメッツラーのレザーテックに戻すことにした。長持ちだったし何より走りやすかった気がしたのがその理由。

我がW800もこれまで3種類のタイヤを使用してきたが、簡単にまとめとこうと思う。

ダンロップTT100GP(0~10000km)

TT100GP前TT100GP後
W800の純正タイヤ。乗り初めから10000km程で交換した。パターンはW800に似合っていて一番かっこいいと思う。
最初から付いているのと、自分には比較対象がないのでこんなもんだと思って乗っていた。高速でちょっとスピードを出すと後輪の接地感がなくなってきてフワフワした感じになって怖かった印象。
また、グルービング(縦溝)にはめっぽう弱く、後輪がいちいち滑るのでかなり怖い思いをした。


DUNLOPダンロップ/TT100GP 【100/90-19M 57H WT】 タイヤ
DUNLOP/TT100GP【100/90-19M 57H WT】


DUNLOPダンロップ/TT100GP 【130/80-18 MC 66H WT】 タイヤ
DUNLOP/TT100GP【130/80-18 MC 66H WT】

メッツラー レザーテック(10000km~30000km,45000km~)

メッツラー前
メッツラー後
ショップの勧めで使用することに。若干値段は上がるが、結果的にTT100の倍になる20000km程使用することができたのでお得かもしれない。
変えてからというものバイクを倒しやすくなった気がして、ワインディングが楽しくなった。単に自分がW800に慣れただけなのかもしれないけど。
高速の安定感は抜群で、自分の限界までスピードを出しても接地感が無くなることもなかった。
また、TT100の時は悩まされたグルービングに関しても全く気にならなくなった。
今のところ1番気に入っている。


METZELERメッツラー/LASERTEC V 【100/90 - 19 M/C 57V TL】 レザーテック タイヤ
METZELER/LASERTEC V【100/90 – 19 M/C 57V TL】


METZELERメッツラー/LASERTEC V 【130/80 V 18 M/C (66V) TL】 レザーテック タイヤ
METZELER/LASERTEC V【130/80 V 18 M/C (66V) TL】

ブリヂストン アコレード(30000km~45000km)

アコレード前
アコレード後
やはりW650/W800では定番ということで履いてみることにした。フロントの縦線がなんかいい感じ。約15000km持ったのでよいほうだと思う。
高速では自分の限界近くになると不安定な感じがあったが、それでもTT100よりははるかに安定していた。カーブなどでもそれまでのメッツラーに比べて、それほど変わらないような気がした。
グルービングに対しても、少し気にはなるが怖さを感じるほどではなかった。


BRIDGESTONEブリヂストン/ACCOLADE AC03 【100/90-19 57H】 アコレード タイヤ
BRIDGESTONE/ACCOLADE AC03【100/90-19 57H】


BRIDGESTONEブリヂストン/ACCOLADE AC04 【130/80-18 66H】 アコレード タイヤ
BRIDGESTONE/ACCOLADE AC04【130/80-18 66H】

まとめ

現在のところ自分の中では

メッツラー > アコレード >> TT100GP

という感じ。
他にもIRCのGS-19やダンロップのK300GPなどが定番のようだが、次回交換の時に気が向いたら試そうかなと思う。
メッツラーのみチューブレスタイヤで、中にチューブを入れて使うのでもったいないような気もするが。
現在はOUTEXのチューブレスキットが気になるところである。

タイヤ交換後宮津まで

先日お願いしていたタイヤ交換が完了したので、朝一で引き取りに。
これまでメッツラーのレザーテックを使用していたが、よくわかっていない自分であっても高速時の安定性やカーブでの倒れ方など、最初に履いていたTT100よりかなり走りやすくなったと感じた。特に不満があるわけではなかったが、比較対象がないためよくわからないのでとりあえず違う物に変えることにし、定番だがアコレードを選択した。
レトロな見た目はW800によく似あう。
アコレードの前
アコレードの後ろ
タイヤ交換後なのでしばらくは注意深く運転。
どうせそんなにはバンクしないのだが、ちまちま曲がる下道より高速の方が安全かと思ったので、舞鶴道で福知山まで走ることにした。
黄砂だかなんだかでもやっている空に向かって走り続けていると福知山ICに到着。

まずは毎年行っているが、今年は初となる元伊勢皇大神社へ参拝。
元伊勢皇大神社
参道
元伊勢神社拝殿
内宮の川
参拝後集落を怪しく徘徊し犬に吠えられ続けてから、大江山を越えて宮津まで行くことにした。冬の間日本海側には全然来れなかったので久しぶりな感じ。
海沿いにW800

対岸に見える天橋立。横から見ても微妙。
対岸の天橋立
海を眺めながらしばらく走り舞鶴まで。いつものごとく舞鶴とれとれセンターで休憩してから国道173号を通って帰阪した。
今日は非常に暖かかったのでかなり気持ち良かった。今度こそシーズンインだろうか。

不安だった新タイヤだが、それほど飛ばしたわけではないが高速走行でも特に問題なかった。また、メッツラーの時は全く気にならなくなったグルービング(縦溝)も少し気になる程度で問題なく、少なくともTT100の時のような不安感はなかったのでとりあえず良かった。まだしばらくは様子を見る方向で。

肌寒くなってきたがW800

今回のルート


より大きな地図で 宮津ツーリング 2013.03.09 を表示

KLAN ホットインナージャケット

12月に入り半端ない寒さになってきたので、ついに電熱に手を出すことにした。
一番悩んだのは充電式にするかバッテリー式にするかだったのだが、充電式を買ってから物足りなくなり、結局バッテリー式を購入する自分の姿が目に浮かんだため、最初から強力な方を選ぶことにした。要はケーブルが気になるかどうかだけのことだろう。

いくつか候補もあったのだが、定番そうなKLANを選択。
写真を見て勝手にフリースを想像していたのでナイロン生地にびびったが、着てみても電熱線の存在をほとんど感じず、違和感はなかった。

普段着ているシングルライダースを上から着てみたが、窮屈さもなく普通に着ることができた。さらに間にフリースをもう1枚着ることもできたので、かなり期待できそうである。

配線は説明書に従ってバッテリーの端子に直結することにした。メインスイッチが入ってなくても電流が流れるが、バイクから離れることはないので大丈夫だろう。
接続ケーブルはシートの左前、タンクとの隙間から出しておいた。

スイッチケーブルが余るので何か考えた方がいいだろうが、その辺は使っていく中で微調整していけば大丈夫だろう。
ちょうど寒波到来ということで、早速使用してみたいと思う。

洗車してから亀岡まで

今日は午前中に前日2万キロを達成したW800の洗車をすることにした。
屋根付きの車庫がないため、晴れの日しか洗車ができない。かといって晴れていると乗りに出てしまうため、なかなか洗うことができず申し訳なく思っている。
全体的に洗ってからチェーンの洗浄をし、メッキパーツを磨く。
W800もクロームエディションが発売されるが、指を咥えて見ているのではなく、負けないように輝かせねばなるまい。

マフラーの連結部にサビが浮いてきたのが気になるが、暑かったので次回ということにしてちょっと走りに行くことにした。
あまり時間がないので箕面トンネルを抜けて能勢に出てから亀岡まで走ることにした。
相変わらずライダーが集まっている余野のコンビニを過ぎて、しばらく走ると晴れているのにパラパラと雨。せっかく磨いたマフラーにまた汚れが・・・。

亀岡に到着し、少し奥の方に入って行ったところに出雲大神宮があるので寄ってみた。
丹波国の一宮ということだが、神体山へ続く鎮守の森を含めると結構広く、周りになじんだ雰囲気のよい神社だった。




意外と広かったため予定の時間をオーバーしたので、行きと同じ道を通って大阪に帰ることにした。相変わらずライダーが集まっている余野のコンビニを過ぎて、箕面トンネルを抜け、新御堂を南下する。
家の近所まで戻ってくると、赤信号で止まったところでエンジンも止まってしまった。最近帰り際によくこういうことが起こる。
この間も帰りのSAで休憩後出発しようとするとエンジンがかからなくなった。4、5回セルを回すとなんとか始動したが、1日中乗っていても何も問題ないのに、夕方になるのが意味不明だ。
そろそろ所々問題が出てくる箇所があるのかも。近々ショップに持ってかないといけないので、その時に聞いてみようかと思う。

神戸ツーリング

今週は関西の方でもかなり寒くなるということだったので、あまり遠出せず近場に行くことにした。
ちょうど神戸のカワサキワールドで「モーターサイクル・レーシングフェア」を開催中だったので行ってみることに。



会場に入ってすぐ正面に新色のW800SEが展示されていた。発表された写真を見た時は微妙な印象だった赤だが、実際に見てみると意外とカッコよかった。


特設会場にはレースで活躍したマシンが並んでおり、レースの映像なども上映されていたのでしばらく見入っていたが、レースにはあまり興味がなかったことを思い出し常設展の方へ行くことにした。


常設展にはZ1などカワサキの名車が並んでいたが、やはりW1ということでしばらく眺めたあと会場を後にした。
その後適当に走っているとちょうど昼時に明石に着いたので、昼飯を食べることにした。明石公園横の市営駐車場にバイクを止め(500円)、魚の棚商店街をぶらぶらした後、明石焼きを食べた。


食後に珈琲を飲んでまったりした後、北神戸や須磨を少し周って帰宅した。

ハンドルバー交換

少し前に購入したまま、全然作業をしていなかったハンドルバーの交換作業をした。
ハンドルバーはPOSHの「ステンレスツーリングバー」にしたのだが、バー1本分上・手前に移動するだけだが、元々ほんの少しだけ近くなれば楽になるかなという感じだったのでちょうどいいと思い選択した。また、ケーブル類をそのまま使用できるのとスイッチボックス用の穴も最初から開いており、自分でも作業できそうな気がした。

実際作業も特に問題もなくスムーズに行うことができた。ハンドルバーに取付位置のマーキングがないのが少し不安だったが、後で乗ってみても特に変ではなかったので、大丈夫なのだろう。
ついでにグリップもarieteの「ビンテージグリップ」に交換。グリップを取るのに苦労したが、これでビンテージ感が上がったのだろう。多分。




作業後少し洗車をしてから新しいハンドルの確認のために少し走ってみた。
乗ってみると物凄い違和感。バー1本分だけの移動なのでそんなに変わらないだろうと思っていたのだが、かなり感覚が変わった。
とはいえ、確かに近くなっているので高速などの長距離巡航は楽になりそうだった。少し走れば慣れて違和感も消えるだろう。

オイル交換

前回乗った時点で6000kmを越えたので、2回目のオイル交換をしてもらいにショップに行った。
排出されたオイルがやけに黒いなと思っていたら、やっぱり予想以上に汚れていたようでフィルターも交換しましょうということになった。W800の場合一応メーカー推奨が6000kmごとになっているのだが、もう少し早いタイミングで換えた方がよいようだった。次回は9000kmまでにとのことだったので、早めに行っとこうと思う。
その後近場を少し走る。ちょっと前までくそ暑かったのに、すでに若干寒いくらいになっている。これから冬に向けて防寒装備についてもそろそろ考えないといけなくなってきた。