サイドバッグサポート


以前初回点検の際にKIJIMAのサイドバッグサポート取付をショップでやってもらったのだが、純正リアキャリアと一緒に着ける場合、幅の関係で片側しか装着することができなかった。
とりあえずは左側だけサイドバッグを付けて乗っていたのだが、やはり両方にあった方が便利なので、なんとかして着けてみることにした。
方法としては3つのやり方が考えられる

  1. サイドバッグサポートの取付部分の厚みを削って薄くする
  2. リアキャリアの取付部分を削って短くし、サイドバッグサポート取付部が入る隙間を作る
  3. リアキャリアを強引に広げて、サイドバッグサポート取付部が入る隙間を作る

一応ハンディのグラインダーなどは持っているが、ステンレスを削るのは至難の業っぽいので3番の力技で行くことにする。
車用のジャッキを横向けにして強引に広げると隙間ができたので、そこにサイドバッグサポートの取付部を滑りこませるとうまく取り付けることができた。しかし、リアキャリアの幅が広がってしまったために、リアショック側のナット(荷掛けフックナット)が入らなくなってしまった。しばらく悪戦苦闘したがプライヤーで強引に挟みこんでからナットを挿みこむことで解決した。

リアキャリアを広げる前にリアショック側のナットを緩めにはめておけば、この作業はいらなかっただろう。

しかし、メンテナンス時にリアショックを外したりすることがありそうなのだが、その都度余計な作業が必要になってしまう。ショップの人にも悪いので、やはり1番か2番の方法でやりなおすか、いくつか出ている他のサポートに変える方が良さそうな気がする。

何にしても、とりあえずこれで右側にもサイドバッグサポートがついたので、振り分け式のバッグも使うことができるようになった。
早速mont-bellのドライモトツーリングバッグを置いてみる。10年前に購入し、1度も使うことのないうちにバイクが盗まれたのでずっとお蔵入りになっていた代物で、何故か取っておいたもの。やっぱり1度は使ってみたかった。

着けてみると・・・うーん、まあまあかな。キャンプツーリングに行くときは使ってみよう。

リアウィンカー移設

既にサイドバッグサポートは取付ているのだが、国内仕様のW800はリアウィンカーがキャリアの下に位置しているため、それをよけてバッグを付けるにはかなり下の方にぶら下げるように付けないとだめで不便だった。ということで、リアウィンカーをテールランプの横に移設することにした。これまではキャリアやサイドバッグサポートの設置はショップにお願いしていたのだが、今回は勉強も兼ねて自分でやってみることにした。移設キットは名西カワサキが販売しているものを取り寄せたのだが、写真付きの取付手順が付属していたため、バイクのボルトの1本すら回したことのない自分でもなんとかうまく作業することができた。

リアフェンダーとリアウィンカーをびびりながら外し、いろいろ確認しながら作業をすること3時間程。なんとか移設ステーへの取付が完了し、リアフェンダーを取り付けて点灯を確認。すると、左にウィンカーを出すと右のリアウィンカーが点灯、右の場合は左と完全に左右が逆に点灯している。意味不明としばらく途方に暮れながら考えた。
ウィンカー配線のソケットは左右が灰色と黒で分けられており、繋がっていた時のまま接続したのだが、リアウィンカーの左右を入れ替えて装着したため、色違いのソケットを繋ぐ必要があったようだ。リアウィンカーにはボルトの横にポッチがあるのだが、その穴が元の車体のものと移設ステーとで前後が逆になっていたので入れ替わっていたことに気づかなかった模様。
とりあえず、またステーをずらして配線をやり直したところうまく点灯するようになった。これで、少し大きめのバッグでも垂らすことができるようになった。

この程度は大した作業ではないのだろうが、こういう作業は初めてだったのでかなり不安があった。とにかくうまくいってよかった。もっと複雑な作業やメンテナンスなども自分でできるように、いろいろと勉強していかなければ。

※追記
よく考えたらリアウィンカーのポッチは前後にあるので、左右が入れ替わることはないのか。ということは移設キットに付属の延長ハーネスの左右の配線が逆になっているのかも。

洗車

W800が納車されてから約2ヶ月になるが、今日は初めて洗車をした。バイクに乗るとかなりの確率で雨が降ることもあり、また台風後の山道なども走ったりしたためかなり汚れていた。ひととおりシャンプーで洗い、その後チェーンクリーナーでチェーンの洗浄とオイル補給をした。塗装部分は新車ということもあり、拭くだけでもピカピカになったのだが、エンジン回りはなかなかとれず、くすみなどが出てきている感じがした。コンパウンドなどを準備してまた次回やってみるつもり。また車体下のマフラーの継ぎ目部分にもうっすらと錆のようなものも出てきていたのでショックだった。さび落としなども準備しておいた方がよさそう。
今はどうしても乗ることを優先してしまうため、なかなか難しいが、もう少し洗車の頻度を高めていった方がいいのだろうと思う。

W800で初ツーリング

W800先日ついにW800が納車された。週末雨も降らなさそうだったので、さっそくツーリングに行くことに。記念すべき初ツーリングでどこへ行くか迷ったのだが、バイクで道を走ること自体が久しぶりなので、道をよく知っている舞鶴方面に行くことにした。

しばらくはならし運転なので高速は使わずにずっと下道で走る。久しぶりだが、やっぱり走っていると気持ちがいい。以前バイクに乗っていたのも10年近く前なのであまり記憶にないのだが、250ccのオフロード系とは安定感が全く違った。また4速、5速の状態で20km/hくらいのかなり低速で走っていてもエンストしそうな感じが全くなく、スムーズに乗れるため自分のような初心者にも安心して乗れるバイクだと感じた。ただ、いろんな所で言われていたのだが3000回転あたりでかなりの振動があり、バックミラーもよく見えなくなるくらい震えていた。慣らしが終わったらましになるのか、もっと回転数を上げればいいのかよくわからないのだが、これからいろいろ試して確認していこうと思う。
下道でも昼には福知山に着き、子供の頃からの好物である大江山の鬼そばを食べた。久しぶりだったがやっぱり美味しかった。

そこから舞鶴方面に向かい、とれとれ市場で休憩をしようと寄ってみると結構ライダーがいた。

その後173号線を下って川西方面へ帰ってきたが途中の峠は車も少なく、自分でも大丈夫な適度なワインディングがかなり気持ちよかった。車で何度も走っている道だったが、全然違うものに感じた。

大阪に入ると結構渋滞していたが、それでもなんとか明るいうちに自宅に帰ってくることができた。初めてで緊張していたのだと思うが、ほとんど乗りっぱなしだったこともあり、体がかなり疲れていた。
とはいえ、やっぱり久しぶりのバイクはかなり気持ちよかったので、買って良かったと心から感じることができた。これからこのバイクといろんな場所に行って走りたいと思う。

 

W800到着

お店から連絡がありついにW800が届いて、登録を済ませたとのこと。予定では今週末の納車だったのだが、連絡がなかったので半分あきらめていたので、驚いた。早く乗りたいのはやまやまなのだが、週末は雨のようなので来週ぐらいかな。
そして近畿地方早くも梅雨入り・・・

W800契約

本日W800を契約した。グリーンは人気のようで在庫がなく、GW後の出荷になるため5月下旬か6月初頭の納車になるそう。ゴールドかスペシャルエディションのブラックであれば、在庫がありすぐに納車できるそうなのだが、高い買い物でもあるし自分の最も気に入っているものにしたほうがいいと思い、待つことに決めた。納車まで時間ができたので、駐輪時の防犯対策などをしっかり考えて準備をしておきたいところ。

W800続き

やっぱり近所のバイク屋ではカワサキ車は扱えないそう。代理店契約とか結構厳しいみたい。ということで、Kawasakiのショップで普通に買うことにする。土曜日に行ってみよう。

カワサキW800

W800 メタリックダークグリーン

免許を取る前からバイクは決めていた。カワサキのW800である。バイクに関しては素人なので、完全に見た目だけで選択したが、記事などを見ていると大型にしては取り回しも扱いやすく、低速でも非常に乗りやすいということなので、自分にぴったりだと感じる。

ということで今日は近所のバイク屋に購入の確認に行った。ただ聞いてみるとカワサキに関しては販売店制度が厳しいため、なかなか取扱ができないということだった。明日問い合わせてもらい、どうなるか連絡がある予定。

ご近所のため、今後のメンテナンスも考えると、そのお店で契約したいのだが。

W800
W800 メタリックダークグリーン

(写真はメーカーサイトのもの)

Kawasaki W800 Special Site